暴威-ボウイ-BOOWY BOOWY(暴威)結成以前  松井恒松
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
BOOWY(暴威)結成以前  松井恒松 の記事一覧
松井恒二(恒松)「暴威(BOOWY)」加入  
2006.12.09.Sat / 21:28 
松井恒二恒松)「暴威(BOOWY)」加入

松井恒二恒松)も氷室狂介と上京後、「デスペナルティ」としてBeingに所属していたが、解散を余儀なくされ、「織田哲郎&9thIMAGE」でBASSを担当することとなった。
DAY and NIGHT DAY and NIGHT
織田哲郎 (1996/12/16)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


ロックの軌跡 ロックの軌跡
子供ばんど、THe ROCKERS 他 (1996/11/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


織田哲郎&9thIMAGE」では、某スポーツメーカーのCMに流れるシングル曲「SPARKING LOVE~胸につのる想い~」、アルバム「DAY and NIGHT」のリリース、コンサートツアー等、ミュージシャンとしては充実した活動を行っおり、一定の収入は得られていたものの、自身の気持ちとは重なる部分はなかった。

松井恒二恒松)は、ライブハウスで見つけた氷室狂介のバンドメンバー募集のチラシを見つけ電話をかけることとした。
そこで「9thIMAGE」の活動を捨ててでも氷室狂介布袋寅泰とバンドをやりたいと申し出る。

その時の模様は下記参照。
http://curvedge.blog70.fc2.com/blog-entry-153.html

で...
 ▽Go! Open more!
▽Open more.
スポンサーサイト
テーマ:BOOWY - ジャンル:音楽
BOOWY(暴威)結成以前 松井恒二(恒松)「織田哲郎&9thイメージ」加入  
2006.09.23.Sat / 09:35 
松井恒二(恒松)「織田哲郎9thイメージ」加入

「デスペナルティ」が解散した後、松井恒二(恒松)は織田哲郎が率いる「9thイメージ」に加入することとなる。

同じ事務所に所属している織田哲郎がボーリングでアルバイトをしている松井恒二(恒松)を引っ張ってきたらしい。
9thイメージ」でシングル、アルバムに本名の松井恒ニで参加。
その他スポーツメーカーのCM曲作りやコンサート活動に参加もしている。

織田哲郎&9THイメージ」
VOCAL:織田哲郎
GUITAR:北島健二(元WHY、FENCE OF DEFENCE)
BASS:松井恒二(恒松)
DRUMS:小沼俊明(元BARBEE BOYS) 
SAX:古村敏比古
KEYBORDS:鈴木JUN1
KEYBORDS:難波弘之 ※ゲスト参加

1980年 9月21日「SPARKING LOVE~胸につのる想い~」
ロックの軌跡 ロックの軌跡
子供ばんど、THe ROCKERS 他 (1996/11/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


1980年 9月21日「DAY and NIGHT」
DAY and NIGHT DAY and NIGHT
織田哲郎 (1996/12/16)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


 1.Dreamer
 2.She's ゴーン
 3.Sparking Love-胸につのる想い-
 4.めんたいこ
 5.Looking for Love
 6.土曜日の夜 (TUBE「ス・テ・キなサタデーナイト」原曲)
 7.Sandy
 8.しんどい話
 9.昨日までの悲しみ

織田哲郎とは...

 ▽Go! Open more!
▽Open more.
テーマ:BOOWY - ジャンル:音楽
BOOWY(暴威)結成以前 松井恒松「デスペナルティ」上京・解散 
2006.09.21.Thu / 07:36 
松井恒松「デスペナルティ」上京・解散

プロを目指していた「デスペナルティ」は、YAMAHA『EAST WEST'79』での入賞をきっかけに上京を決意。 結果3人で上京することとなる。
だが、「デスペナルティ」は解散してしまう。

詳細は下記を参照ください。

BOOWY暴威)結成以前 氷室狂介「デスペナルティ」上京”
http://curvedge.blog70.fc2.com/blog-entry-80.html

BOOWY暴威)結成以前 氷室狂介「デスペナルティ」解散 ”
http://curvedge.blog70.fc2.com/blog-entry-81.html

これにより、松井恒ニ松井恒松)は、織田哲郎の9thイメージに入ることとなる。

...で
 ▽Go Open more!
▽Open more.
テーマ:BOOWY - ジャンル:音楽
松井恒松「デスペナルティ」再加入 
2006.09.04.Mon / 20:23 
松井恒松「デスペナルティ」再加入

バンドを辞めた翌年1月の最後の日曜日、友人のトオルに無理やり連れられ「デス・ペナルティ」のコンサートに来ていた。

2つのアマチュアバンドの後、「デス・ペナルティ」のドラム、ギター、ベース、ヴォーカルの4人が登場した。
200人あまりの高校生が観に来ていた。

松井恒二(恒松)は、「もう一度、やりたい。」そう考えていた。
事故のことや別れてしまった彼女のことが蘇り、消えていった。
気がつくと、涙が、あふれていた。

トオルが松井恒ニ(恒松)の耳元で、こう叫んだ。
「あのベースも、かっこいいけどよ。お前は、その100倍、かっこいいんだぜ」

松井恒ニ(恒松)は、ありがとうの代わりにこう叫んでいた。
「当たり前だろ。僕は、日本一、かっこいいベーシストになるんだから」

会場には、アンコールの大合唱が、響き渡っていた。

ですが...
  ↓Go! Open more!


▽Open more.
テーマ:BOOWY - ジャンル:音楽
松井恒松 「デスペナルティ」脱退 
2006.09.04.Mon / 16:35 
松井恒松 「デスペナルティ」脱退

街の中心部に新しく大型テナントビルができて、そこのオープン記念イベントで「デスペナルティ」に
数曲演奏してほしいという依頼が来た。

ギャラは10万円。
アンプ関係は知り合いから借り、機材車はドラマーの実家が農家であり、実家の軽トラを借り、
運転は、メンバーの中で唯一、免許を持っていた松井恒二(松井恒松)が運転することとした。

会場には、女子高生が50~60人いて、「デスペナルティ」は、新曲を含め、オリジナルを3曲、
カバー曲を数曲演奏し、ステージは無事終了。

メンバーはギャラを受取り、軽トラを走らせると信号機のある大きな交差点に差し掛かった。
信号が赤だったため、松井恒二(松井恒松)は車を止めた。前には2、3台、車が止まっていた。

ふと気づくと、信号が青に変わっており、前の車がいなかった。
松井恒二(松井恒松)は、急いでアクセルを踏んで、直進したが、そこは一方通行の入口に
なっており、進入禁止になっていた。
話に夢中になっていた松井恒二(松井恒松)は、気が付かなかった。
慌ててハンドルを右に切ったが、目の前に止まっていたタクシーに追突した。

これを機に松井恒二(松井恒松)は、バンドを心の底から楽しめなくなっていた。
音楽に集中できなくなってしまい、メンバーも心配してくれたが、被害者意識と
ひがみ根性が、心の中に住み着いてしまっていた。
そのため、松井恒二(松井恒松)は、バンドをやめることにした。

うむー...
  ↓Go! Open more!



▽Open more.
テーマ:BOOWY - ジャンル:音楽
BOOWY(暴威)結成以前 松井恒松「デスペナルティ」 
2006.09.03.Sun / 23:03 
松井恒松「デスペナルティ」

中学生になると松井恒ニ(恒松)は、ギターを弾くようになっていた。
友人の佐藤がハードロックを聞くようになって、薦められてからは、エレキギターとなっていた。

佐藤、松井と仲が良かった菊池アツシ(諸星アツシ)もギターを持って松井恒二(恒松)の家に遊びにくるようになった。

そして、中学の終わり頃に松井恒ニ(恒松)の家に、菊池アツシ(諸星アツシ)が寺西修(氷室狂介)を連れてきた。

これが縁で「デスペナルティ」が結成されることになるが、こちらの「BOOWY暴威)結成以前 氷室狂介「デスペナルティ」」を参照してください。
http://curvedge.blog70.fc2.com/blog-category-14.html#45

で...
 ↓Go! Open more!
▽Open more.
テーマ:BOOWY - ジャンル:音楽
| BLOG TOP |
attention!!!
◆HIMURO 「We Are Down But Never Give Up!!」時に超えました。
 500,000
アクセス突破!!!!!
marvelous!!!!


◆MESSAGEに「DAKARA(PARTⅡ)」が流れる!!

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
DAKARA(PART Ⅱ)
最近の記事+コメント

CopyRight 2006 暴威-ボウイ-BOOWY All rights reserved.