暴威-ボウイ-BOOWY 布袋寅泰 ROCK SHOW ALBUM REVIEW 1986年7月号-1
FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
布袋寅泰 ROCK SHOW ALBUM REVIEW 1986年7月号-1 
2017.01.02.Mon / 01:06 
布袋寅泰 ROCK SHOW ALBUM REVIEW 1986年7月号-1
★新メンバーもよいよ!!
ブロンスキービート「トゥルースデア、ダブルデア」

待ってやした!ブロンスキ待望のニュー・アルバムの到着です。
以前よりアグレッシヴな音創りに、新ヴォーカリスト、ジョン=ジョン
の声がすごくマッチしてて、素晴らしい出来になっている。
発表と同時にワールド・ツアーもスタートするらしいので期待しちゃうね。
音楽以外の部分で語られることの多い彼らだけど、彼らの追求する
パーフェクト・ビートっつうやつはもう目の前の様な気がするナ。
カプリソを入れた点も新しいネ!

▽Go Open more



前ヴォーカリストの脱退の理由がすごいですね。
あまりにも急激にスターダムに登り詰めたため、
そのプレッシャーに耐えられなくなったヴォーカルのジミーは、
1985年早々に失踪してしまったとのことです。
その後、彼は後にコミュナーズを結成するのですが。

下記は、布袋の他にもう1人コメントしていますが、聖飢魔Ⅱのデーモン小暮氏。
吾輩は今までこのバンドを聴いたことすら無かったのだが、
一発で好きになったぞ。アニマルズがスパイ大作戦のテーマを演っているような
曲があるかと思えば、マラソン・ランナーがため息をついて歌っているような
曲が出てきて、しまいにゃメキシコの大祭り的曲・・・と、どの曲も個性的であり、
バラエティに富んでいるにもかかわらず、一貫したイメージで統一されておるの
には感心感心。シンセの使い方も好きである。ほめてつかわそう。


スポンサーサイト
テーマ:BOOWY - ジャンル:音楽
+-- COMMENT TO THIS ENTRY --+
   非公開コメント  
スポンサーサイト布袋寅泰 ROCK SHOW ALBUM REVIEW 1986年7月号-1のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
attention!!!
◆HIMURO 「We Are Down But Never Give Up!!」時に超えました。
 500,000
アクセス突破!!!!!
marvelous!!!!


◆MESSAGEに「DAKARA(PARTⅡ)」が流れる!!

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
DAKARA(PART Ⅱ)
最近の記事+コメント

CopyRight 2006 暴威-ボウイ-BOOWY All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。