暴威-ボウイ-BOOWY 布袋寅泰 「秋本奈緒美 『THE 20th ANNIVERSARY』」
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
布袋寅泰 「秋本奈緒美 『THE 20th ANNIVERSARY』」 
2017.07.09.Sun / 17:37 
布袋寅泰 「秋本奈緒美 『THE 20th ANNIVERSARY』」

現在は女優として活躍するジャズシンガー秋本奈緒美の3枚目のアルバム。
1982年12月16日発売
2016年9月21日<アドリブpresentsビクター和フュージョンシリーズ第2弾>として復刻、完全限定生産、初CD化。

IMG_1276.jpg IMG_1277.jpg
1. エンジョイ・ユアセルフ
2. サイレント・コミュニケーション
3. ビウィッチド
4. スウィート・サレンダー
5. ミスティー・ライク・ザ・ウインド
6. ビギニング
7. つのる想い
8. ジョイフル・デキシーランド
9. ロシアン・ルーレット
10. ノーワン・エヴァ・ラヴド・ユー・ソー

IMG_1278-2.jpg

IMG_1279-2.jpg

2. サイレント・コミュニケーション、5. ミスティー・ライク・ザ・ウインドに布袋寅泰はギターで、織田哲郎がコーラスで参加。
このうち2. サイレント・コミュニケーションはグリコのディオーネというチョコレートのイメージソングとしてCMで使用された。
アルバムは、入江純がアレンジ&サウンド・プロデュース、全編作詞を亜蘭知子が担当。
バックは、布袋寅泰の他に渡嘉敷裕一富倉安生松木恒秀秋山一将北島健二、今剛、土岐英史、斉藤ノブ、EVE等が参加。

1978年、長戸大幸は雑誌「ポパイ」からヒントを得てリリースしたスピニッヂ・パワーの「ポパイ・ザ・セーラーマン」が40万枚の大ヒットとなり、これをきっかけに、この時知り合った織田哲郎とともにビーイング設立。
それから、マライア、亜蘭知子、WHY等をデビューさせる。
その一方で、倉田まり子、沖田浩之、女子プロ時代のミミ萩原、岩城徳栄、三原順子等をアイドルとして売り出していた。
また、ジャズの方面にも進出するために、技巧派集団のマライアをバックに秋本奈緒美をジャズシンガーとしてデビューさせた。
このデビューには戦略があり、阿川泰子、亜蘭知子が売れていたことから、これに続くように「あ」で始まるアーティストとして、平沢優美を秋本奈緒美に名前を変えてデビューさせたのであった。これに続き、大場淑子も麻生小百合という名前でキャンディジャズというキャッチコピーでデビューしたのであった。

秋本奈緒美はinvitationレーベルに所属していたが、他に所属していたアーティストがBOOWY、浜田麻里、桜井ゆみ、高村亜留、岡安由美子であった。

このあたりの流れから、同じ事務所ということで布袋寅泰はマライアの面々に交じって参加することになったと思われます。
ちなみに帯に記載されていたコピーは、「ポップスパイスのきいたエクゾチック・ジャズ・センセーション」でした。
中々CD化されなかったのですが、2016年12月にTOWER RECORD限定でCD化(UHQCD)されました。
オリジナル・マスターからの2016年最新リマスタリングとしての発売。


2. サイレント・コミュニケーション
  ギターの音は聴こえますが、布袋色は出ていません。レゲエ調のカッティグが主です。
5. ミスティー・ライク・ザ・ウインド
  ギターで効果音を出していますが、BOOWYでの音っぽいです。
  1982年なのに「JUST A HERO」みたいな音です。

グリコのチョコレート「ディオーネ」のCMがありましたが、イメージソングで、こちらは麻倉未稀の「それだけの旅」の方で、秋本奈緒美の「サイレント・コミュニケーション」ではありませんでした。



スポンサーサイト
テーマ:BOOWY - ジャンル:音楽
+-- COMMENT TO THIS ENTRY --+
   非公開コメント  
布袋寅泰 「秋本奈緒美 『THE 20th ANNIVERSARY』」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
attention!!!
◆HIMURO 「We Are Down But Never Give Up!!」時に超えました。
 500,000
アクセス突破!!!!!
marvelous!!!!


◆MESSAGEに「DAKARA(PARTⅡ)」が流れる!!

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
DAKARA(PART Ⅱ)
最近の記事+コメント

CopyRight 2006 暴威-ボウイ-BOOWY All rights reserved.